忍者ブログ


続「たんこブログ」平日は富山のマチナカで飯炊事、週末は山里・大長谷でダーチャ暮らしの四人一家の主婦が綴る有閑かつエキサイティングな日々。
13  12  9  11  10  8  7  6  5  4  3 


ブログ閲覧アナライズしてみると、検索ワードで毎回出てくるのが

「番茶 やかん 淹れ方」


だったりします。

では、今日の主役は真逆アノシトでは…

ーーーーーーーーーーーーーー

おッ!!!姉さん呼びましたかぃ?

へい、あっし、生粋の京都薬缶の江戸ッ子、ヤカン君 (過去ログ参照) でやすよッ!テイテイッ!



へッ、この度姐さんに

「ちょいとおまへさん、ここは一ツ旨い番茶の淹れ方でも教えてやっとくれな」

ッて言われたもんですからねェ、ちょいと張り切ってやらせて頂きやすよッ!!!テイテーーーイッ!

ウチの姐さんがつかってる茶葉は二種類、西の京都は錦番茶と、東の江戸人形町の梅乃園が特上ほうじときたもんだ。

最近じゃァ、めっきり東のに肩入れしててサ、江戸の大姐さんが飛脚でいっぺぇ用立てしてくれてるんでサ。あの今半さんで出してる番茶らしくってねェ、確かにカッキリ焙じてありやすんで、濃ぉい牛脂も綺麗サッパリ流してくれそうでさァ。

この茶葉を茶袋に入れやす。なるべく潰さねェ様に、かつギュウギュウのすし詰めにしてるようでやすね。いつ見ても、姐さんの入れ方ァ、太っ腹でやすね!

「ちょいとおまへさんッ!!!誰の腹が太いって?!」


い…いえ、あ…姐さんッ!!!あっしはけしてそんな意味でいったんじゃァ…

う………て……てやんでィッ!!!ピーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!




……と、このように直ぐ沸騰しやすいヤカン君にポイッと茶袋を落として、火を切って蓋して、終わりです。粗熱が取れる頃には、美味しいお番茶がいただけます。

粋で鯔背で頭に直ぐ血が上っちまう、京都育ちの江戸ッ子薬缶さえありゃ、どうだい簡単だろゥ?

「簡単過ぎて、臍で茶ァ沸いちまいやすねェ、姐さん!」

お後が宜しいようで。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字









忍者ブログ│[PR]